セレブや熟女に人気の逆援助サイト 2015人気ランキング

援助交際を希望する女子大生って、みんなエロいんでしょうか?

援助交際を希望する女子大生って、みんなエロいんでしょうか?


私はたぶん、人よりもかなり性欲が強いタイプなのだと思います。本当に常に男の体に飢えているような感じです。もちろん好きなセックスのタイプとか苦手な男のタイプというのはありますが、基本的に飢えがひどくなったら相手がだれであっても平気でセックスします。誰かとセックスをした後に、その人とのセックスが致命的に満足できないものであったら、もうその人とは合わないようにします。

出会い系サイトを利用してセフレを募集するというのは、非難する人もかなり多いだろうと思いますが、私にとってはごく当たり前のことで、出会い系サイトを利用していることが日常の中で当たり前になっています。もしも出会い系サイトというものがなくなってしまったら、私はうまく生きていくことができないでしょう。

出会い系サイトを利用していることに問題があるのかどうかは分かりません。ただやっぱり出会い系サイトを批判する人はたくさんいるので、出会い系サイト事態に何か問題があるというのは事実でしょう。ただし私の感覚からすれば、出会い系サイト自体に問題があるのではなくて、どちらかというと出会い系サイトを利用している人に問題があるのではないかと。

出会い系サイトを利用して出会いを求める以外に、男女の出会いを求める方法はいろいろとあります。私も出会い系サイトを利用してみる以前は、例えばコンパ系のイベントに参加したりして、私にとって理想の男性がどこかにいない者かと探しました。私にとって理想の男性とは、以下にセックスで私を満足させてくれるかということでした。

セックスが上手な人との関係は長続きしますが、下手くそな人との関係は長続きしません。相手を傷つけるようなことは一切言いませんが、メールが来ても基本的に無視をして、関係が自然消滅するのを待ちます。

どれほどセックスがうまい男性を相手にしても、やっぱり同じ人とずっとセックスする期間が長くなれば、やっぱりマンネリになってしまうということは避けられません。この辺はどうしても私がわがままな部分なのかもしれませんが、女は常に刺激を求める生き物で、性欲の強い女性にとっては特に、セックスで以下に刺激が得られるかというのは重要な問題です。
セフレを募集する際に、極力妥協はしたくありません。

私にとって男を選ぶ基準は、第一に「セックスがうまいかどうか」なので、例えば性格が悪くても経済力がなくても気にはしません。別にその男性と結婚して一緒に死ぬまで暮らすわけではないので、結婚相手に求めるようなステータスは必要ではないわけなんですよね。

一人のセフレに飽きてしまったとき、また次のセフレに出会うまでの時間は短い方が、私にとってはうれしいのです。とにかく、セックスで私を満足させてくれる相手が一人もいないという状態が長く続くのが耐えられないのです。オナニーのテクに関しても熟練している自信はありますが、それでもやっぱり、男の体が必要なセックスと、一人でもできるオナニーはぜんぜん違います。

いちばん効率よくセフレをゲットするための方法として、私は出会い系サイトを利用しています。親が金持ちで、しかも娘の私にものすごく甘いので、お小遣いをたくさんくれます。そのお小遣いを娘がどういう目的で利用しているのかということを知ったら、両親は本当に卒倒してしまうかもしれません。口が裂けても、パパにもらったお金は逆援助交際で男に貢いでいるの、というふうなことは言えませんね。

逆援助交際というかなり特殊な男女関係を築いて、お金の力でお気に入りの男を買えるというのも、出会い系サイトを利用することの強みだと思っています。昔は、本当にお気に入りの男を見つけたら、とにかくその人とひたすらセックスしまくりたいという願望が強かったので、お金を渡してその男の気持ちを惹きとめるというようなことをしていました。

それはそれでもちろん楽しかったのですが、最近ではどちらかというと、男性に私の持っている魅力を認めてほしいと考えることが増えたので、逆援助交際よりもむしろ援助交際のほうが、私の心をときめかせる刺激的な男女関係になりつつあります。

セックスのテクニックで魅了させてくれるセフレに貢ぐよりも、自分がセックスの魅力でセフレを虜にして、その男からお小遣いをもらうということに喜びを覚えるようになってきたのです。
たくさんの男とセックスをしまくれば、やっぱりセックスがうまくなるというのは事実みたいです。
私にとっては昔から、セックスというのは快楽を得るための一番いい手段であるという意識しかないので、自分のセックスが本当にうまいのかどうかということを意識することはあまりありません。

ただ、セフレとして知り合った男性が「気持ちいい!」といってくれることが非常に増えたので、やっぱり私はいろいろな男性たちとセックスをしまくっていた分経験値を積むことができていて、男たちを虜にできるためのセックスのテクニックを身につけられているのだと思います。
そもそも出会い系サイトとかセフレとか、そういうキーワードを見ただけで吐き気がするという人はいると思います。
そういう人にとってはまるで価値のない才能であっても、私にとってはすごく大事な才能です。

私が援助交際というものに目覚めたきっかけは、ある一人のセフレが私とのセックスに満足してくれて、セックスが終わった後に感激のあまり「ずっと僕の友達でいて」といってお小遣いをくれたことがきっかけなんです。

私としては、誰かのためにセックスをするというより、私が自分で気持ちよくなりたいからセックスをしているだけだという意識が強く、実際にその人とのセックスも非常に満足できるものだったので、まさかセックスが終わった後でお小遣いをもらえるというのが私にとっては衝撃的な出来事でした。
あまりに驚いて、返そうかと思ったくらいですが、せっかくの好意なので有難く受け取っておくことにしました。
セックスでお小遣い稼ぎができるというのは、私にとってはビジネスマンが仕事の才能を認められて出世していくような感覚と同じなのです。

私は今でもたくさんの男性とセックスしていますが、やっぱり最初に援助交際というものを教えてくれたセフレの存在は特別なので、だれと関係を持っても、最初の一人の存在はいちばん大事だと思えます。
私にとって彼は恋人みたいなものだといえるかもしれません。
いろいろな男たちとセックスしまくっているいやらしい私が、実は名門の国立大学に通う才媛だと知ったら、セフレの大半は驚くかもしれませんね。
私の彼氏は、私がたくさんの男たちとセックスしまくっていることにも気がついているのかもしれませんが、よほど私とのセックスが気に入ったのか、私の虜になったのか、何も言わずにそばにいてくれます。
彼のそういうところも凄く嬉しいと私は思います。

セックスがうまい男性というのは世の中にいくらでもいます。
けれども私にとって彼の存在はやはり特別で、もしも彼と別れるようなことがあったら、すごく寂しくて耐え切れないのだろうなと思うのです。

おすすめの関連記事一覧→援交サイト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ