セレブや熟女に人気の逆援助サイト 2015人気ランキング

セフレと恋人の境界線があいまいなのってどうして?

セフレと恋人の境界線があいまいなのってどうして?


出会い系サイトを利用している人なら特に、一度くらいはこういう疑問を頭に浮かべたことがあると思います。もともと、出会い系サイトを利用して出会いを求める際、セフレの存在と恋人の存在をあまり近く感じていない人、つまり、セフレと恋人の境界線がそれほどあいまいだとは思っていない人だったら、最初からこういう疑問を持つこともないのでしょうが、自分が出会い系サイトを利用して知り合った相手と、結局はセフレとして付き合っていくのか、それとも二人は恋人同士の関係だといってもいいのか、非常に悩むという人はいると思います。

男女の人間関係というのは複雑なので、簡単には言葉で説明できないという部分も多いのです。自分が恋人同士のつもりで付き合っていたとしても、相手がそういうふうには考えていないということもあります。これはよく言われるように、出会い系サイトを利用して出会った二人が「どういう出会いを実現させたいのか」というところで考え方が食い違っている、出会いのミスマッチと呼ばれる状態です。

片方は恋人同士としての出会いをのぞんでいて、もう一方はセフレとしてのお付き合いを望んでいる、こういう状態がミスマッチといわれるものですが、出会い系サイトを利用して出会いを求めている限り、こういうことは結構頻繁に起こってしまうのです。

男女の人間関係においては、ややこしいことはもっといろいろあります。例えば出会い系サイトを利用して、人妻と知り合ったとしますよね。相手がはっきり最初から、私は人妻であるということをつたえてくれたら、これから付き合っていく男性のほうも楽だといいたいのですが、相手がまだ「旦那とは別れるつもりがないから、あなたとはセフレの関係」というふうに言っているにもかかわらず、どうしてもその人妻のことが好きになってしまって、セフレとしてのお付き合いだけでは納得できないというふうになってしまうということもあるのです(関連サイト→せふれから本命になる方法)。

だんだんと相手に情が移ってしまうというパターンですね。さらに、ある男性と知り合った女性が、最初はそれほど相手のことが好きではなかったから、せいぜいセフレとしてのお付き合いだけだと考えていたのに、だんだんと、出会い系サイトを利用して知り合った男性に惹かれていって、やがては結婚を前提としたお付き合いをしたいなあと考えるようになるということもあり得るのです。

男性にとって、こういう展開は本当にうれしい限りでしょうが、出会い系サイトを利用しているとこういう話がないというわけではないのです。セフレとか恋人とか、一応言葉の違いはありますけど、その境界って、恐ろしいほどあいまいなんです。
呼び方の違いよりも、要は相手のことをどれだけ自分が好きになるのか、あるいは相手からどのくらい好きになってもらえるのかという、好感度のほうが重要だと思いますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ