女としての魅力を認めてもらえる


出会い系サイトを利用して素敵な出会いを実現させたいと思う女であれば、誰だって一度は、女として自分が持っている魅力を誰か男性から認めてもらいたい、という欲求を持つはずです。
それは、出会い系サイトをどういう目的で利用しているのか、セフレとの出会いを求めているのか、あるいは本命との出会いを求めているのか、とりあえずはメル友がどうしても欲しいのか、そういう個人の動機とは全く関係なく、女ならだれもが抱く欲求です。
こないだテレビを見ていた時に知ったのですが、女性が自分の美しさを男性から認めてもらいたいという欲求は、女性ならばたいてい誰もが持っている欲求であり、それは年を取ってからも全く変わることがないそうです。

だから、女性はいくつになってもきれいなままでいたいと思うものなんですよ。
たまに、異性の目を気にしなくなって、干物女とか言われる人もいますが、それでもやっぱりきれいなままでいたいと考えるのは女性にとっての本能的な欲求です。
私がかつて干物女のような状態だったからこそ分かるんです。

素敵な出会いを実現させることがぜんぜんできなくて、誰かと素敵な恋愛ができないのに、その間にも女には生理の苦しみというものがあります。
これは本当に理不尽だと思いますが、生理のつらさというものを言葉で説明してもなかなか男性にはわからないでしょう。
もちろん、そのようなことを男性に口で説明するのは絶対に嫌なのですが。

なんで、生理って子供を産むタイミング限定とかにできないんだろうとか、薬で完全に生理を止めて、それでなおかつ体に全く悪影響が出ないような方法ってないんだろうかというようなことは、生理を経験したことのある女だったら、絶対に一度は考えたことがあります。

けれども残念ながら、生理の苦しみを完全に取り除くことはできません。
生理の苦しみには個人差があり、本当にあまりつらくならないという人もいるみたいですが、私はどちらかというと生理が重い方だったと自覚しているので、余計に理不尽なことだと思っていました。
これだけつらい経験に耐えているのだから、せめて無条件で幸せな恋くらいはさせてほしいと思ったことは何度もありますが、残念ながら世の中はそれほ度甘くないのです。
出会いの難しさというものは、生理の重い女性も軽い女性も同じように味わわなければならないのです。

生理の話ばかりになってしまってあれですが、私はこの苦しみを人一倍味わってきたからこそ、ひょっとすると「男性から女としての魅力を認めてもらいたい」という欲求が人一倍強いのかもしれません。

昔ちょっと好きな人ができて(大学生のころでしたかね)相手の気持ちも確かめずに私だけが一方的に盛り上がって、めちゃくちゃ意識しまくって(若いころにはよくある話ですよね)普段はあんまり頑張らない化粧とかも頑張った記憶があります。
学生だったので、頑張ってアルバイトをしても、そんなに高い服がたくさん買えるわけではありません。
それでも少しでも自分がきれいに見えるように、可愛いといってもらえるように、自分なりに努力したつもりなのですが、結果から言うならそれは空回りでしたね。
実際のところ、私は彼と親密な関係になることができなかったのです。

誰か好きな人ができたら、その人が好きな人間としては、その人がどういう女性がタイプなのかという情報は当然のことながら手に入れたいところです。
もっとも参考にしたい情報の一つです。
でも、私には当時好きだった彼にそんなことを尋ねる勇気がなかったんですよ。
もしもそんな勇気があったら、好きだった彼とはもっと親密な関係になっていたはずなんです。
実際のところは、ほとんど会話したこともなく、今も完全に疎遠ですからね。
あまりにも合わない時間が続いたら、その人を好きでい続けることが難しくなるんで、たぶん今彼に合うことがあったとしても、昔とは同じ気持ちでいられないと思います。

ただ、私が当時好きだった彼に一方的な好意を持って、なんとか振り向いてほしい、私の女としての魅力を認めてほしいと願っていたあの感情は、いまでもそんなに変わっていないなと思うわけです。
やっぱり女として、男性からほめられるとうれしいものです。
どんな風な褒め方をされても、それがほめ言葉だと分かったらうれしいものなのですが、やっぱり私の場合、容姿をほめられたほうが嬉しいのかなというふうには、自分では分析しています。
中身をほめてもらうことがないから(笑)なんというか焦る気持ちがあるのかもしれませんね。
せめて外見くらいは認めてもらわないとやってられないという思いが今でもあるんですよ。
こんなありさまで結婚できるのかなと考えてみたこともありますが、そもそも私自身が結婚したいと望んでいるのかどうか、私自身のことなのに正直よくわからないし、結婚して本当に幸せになれるのかという思いもあります。

ということで、私が出会いアプリ 中高年を利用して出会いたいのはやっぱりどう考えてもセフレなんですよ。
出会い系サイトを利用して若い男の子ばっかりあさる(あさるという言い方はちょっとひどいんですけど)人妻がいるじゃないですか。
私は人妻ではないんですけど、でもやっていることは、出会い系サイトを利用して不倫しようとしている人妻とか熟女と同じことなんですよ。
要するに、自分の欲求不満を解消するために出会い系サイトを利用しているわけです。

なぜ私が出会い系サイトを利用して若い男の子との出会いを求めたいと考えるのか、それはやっぱり、若いころに後悔したことがあるからなんですよ。
私はもともと、若いころによい出会いや恋愛を経験できなかったという後悔がずっとあります。
本当はもっとこんなことをしたかった、こういう出会いが実現させたかったというような希望はもちろんあるのですが、それは口で言うほど簡単なことではないのです。
だから出会い系サイトを利用して、時間を戻すことはできなくても、若いころに経験した後悔を少しでも少なくしようとしているのです。

私ももう二十代の後半なので、いい年なのです。
若いころに持っていた魅力が少しずつ失われていることは、もちろん自分でも気がついています。
それでもやっぱり、いくつになっても恋愛はあきらめたくないんです。
素敵な恋がしてみたいという焦りがあるからこそ、若い男性に自分が持っている女としての魅力を認めてもらえたらうれしいのかもしれません。

出会い系サイトを利用している男性は、出会い系サイトを利用してセフレをゲットするのであれば熟女や人妻がねらい目ということはもちろん知っていると思いますが、やっぱり若い男性が私のようなそろそろ若くはない女性を、ちゃんと女性として必要としてくれればうれしいと思いますし、ちょっとでもほめられれば優しくしてあげようという気持ちにもなります。
これが母性本能なのではないかと思うのですが、特に出会い系サイトを利用しているけれどもなかなかよい出会いがない、女のこと結局はどんな風に話をしたらいいのかわからないというふうに悩んでいる人ほど、なんだかかわいく見えてきたりするんですよ。
だから私は童貞だって大歓迎ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ